抗酸化作用

夏の野菜

ししとう(しし唐辛子)の栄養素と期待される効果 効能

たんぱく質を分解してエネルギーに変え、分解したアミノ酸で筋肉・血液などをつくり、また脂質もエネルギーに変え脂質が溜まるのを防ぎます。 更に、神経伝達物質の合成を助け脳を正常に保つ働きがあります。
春の野菜

わけぎの栄養素と期待される効果 効能

血液を凝固させるにはビタミンKが必要です。 血液凝固成分により出血しても自然に止血するのです。 また、ビタミンKは骨のカルシウム石灰化にも関わり骨の形成に重要な役割を果たしています。
秋の野菜

葉ネギ(青ネギ)の栄養素と期待される効果 効能

皮膚や粘膜は、最初にウイルスや細菌などの外敵にさらされる器官であるため、強化することで外敵の侵入を防ぐことができ感染症やアレルギーなどを予防することができます。 ※体にある粘膜は、鼻や口の中の粘膜・のどの粘膜・胃や腸の粘膜・膀胱や子宮の粘膜
春の野菜

スナップえんどうの栄養素と期待される効果 効能

ビタミンCは、コラーゲンの合成促進や活性酸素の除去し多くの生理作用に役立ちます。 身体をつくるたんぱく質の1/3はコラーゲンです。 コラーゲンは、血管・筋肉・骨・皮膚などの細胞をつなぎ丈夫に保ちます。 動脈硬化を予防する葉酸も豊富に含まれています。