モリブデン

春の野菜

絹さや(さやえんどう)の栄養素と期待される効果 効能

モリブデンは、肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており 尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の 構成成分として重要な役割を担っています。 また、糖質や脂質の代謝を進めてエネルギーになるのを助けます。
秋の野菜

里芋の栄養素と期待される効果 効能

カリウムは、細胞外液に多く分布するナトリウムと協力して心臓の拍動や神経伝達をスムーズに調整します。 また、カリウムを摂取することでナトリウムの排出を促し血圧を正常に保ちます。 酸とアルカリの平衡を保ち、酵素反応を調整しエネルギー代謝にも関与しています。
夏の野菜

さやいんげんの栄養素と期待される効果 効能

皮膚や粘膜を強くする葉酸(ビタミンB12と共に)。 皮膚や粘膜は、最初にウイルスや細菌などの外敵にさらされる器官であるため、強化することで外敵の侵入を防ぐことができ感染症やアレルギーなどを予防することができます。
夏の野菜

枝豆の栄養素と期待される効果 効能

モリブデンは、肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており、尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の構成成分として重要な役割を担っています。 プリン体が尿酸に分解するのを助け、それを尿に排泄する働きがあります。