さやいんげんの栄養素と期待される効果 効能

さやいんげんの栄養素

さやいんげんの旬は6月~9月頃です。
煮物やお浸し、炒め物やサラダなど和洋中問わずいろいろなお料理に使える食材です。

さやいんげんの栄養素

ビタミン
ミネラル
 ビタミンA ナトリウム
 ビタミンE カリウム
ビタミンK カルシウム
 ビタミンB1 マグネシウム
 ビタミンB2 リン
 ナイアシン 鉄
 ビタミンB6 亜鉛
□葉酸 銅
 パントテン酸 マンガン
 ビオチン クロム
 ビタミンCモリブデン 

その他
食物繊維
アミノ酸

さやいんげんには、これらの栄養素が含まれています。
100gあたり

●マークで太字が特に多く含まれ、□マークは次に多い栄養素。
無印のものは含有量が少なめの栄養素です。

●マークと□マークの働きや効果について説明したいと思います。

↓無印の栄養素についてはこちらから

13種類のビタミンは体内でどう働くのか
不足しても過剰になっても病気になる!?必須ミネラルの働き

●ビタミンK

  • 血液凝固成分を作る
  • 骨や歯の形成

血液を凝固させるにはビタミンKが必要です。
血液凝固成分により出血しても自然に止血するのです。
また、骨のカルシウム石灰化にも関わり骨の形成に重要な役割を果たしています。

ビタミンKが欠乏すると出血が止まりにくくなります。
また、骨粗しょう症にならないためにもカルシウム・ビタミンDと共に欠乏しないように気を付けなければなりません。

※ビタミンKは、通常摂り過ぎても害がありません。
但し、血栓症にかかっている人や抗血液凝固剤を服用している場合は、摂り過ぎないように気を付けなければなりません。

□葉酸(ビタミンB群)

  • 貧血予防
  • 皮膚、粘膜の強化
  • 動脈硬化予防
  • 胎児の正常な発育

葉酸は、ビタミンB12と共に全身に酸素を運ぶ赤血球をつくります。
鉄を摂っていても葉酸とビタミンB12が不足すると貧血になります。

皮膚や粘膜を強くする葉酸(ビタミンB12と共に)。
皮膚や粘膜は、最初にウイルスや細菌などの外敵にさらされる器官であるため、強化することで外敵の侵入を防ぐことができ感染症やアレルギーなどを予防することができます。

※体にある粘膜は、鼻や口の中の粘膜・のどの粘膜・胃や腸の粘膜・膀胱や子宮の粘膜などといった様にたくさんの粘膜があります。

ビタミンB12は、魚介類やレバーに多く含まれています。
かつお節出汁や煮干し出汁のお味噌汁などにさやいんげんを入れたり、魚料理にさやいんげんを添えたり、一緒に炒めるなどして食べると良いでしょう。

この葉酸とビタミンB12の組み合わせが、動脈硬化も予防します。

↓良い組み合わせ!

栗原はるみさんのレシピ | いんげんの和風炒め煮

●モリブデン

肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の構成成分として重要な役割を担っています。

  • 肝臓、腎臓で有害物質を分解
  • 糖質、脂質の代謝
  • 二日酔い予防
  • 虫歯予防
  • 鉄を利用しやすくし貧血を予防

モリブデンは、プリン体が尿酸に分解するのを助け、それを尿に排泄する働きがあります。
また、糖質や脂質の代謝を進めてエネルギーになるのを助けます。

さらに、体内に溜まった亜硫酸毒素を分解するため、虫歯の予防にも役に立つと言われています。

モリブデンは、吸収されやすく尿として速やかに排出されるので体内で過剰になることはありません。
また微量ミネラルで、必要量が少なく通常の食生活で欠乏することはないと言われています。
必要量は少ないですが、上記でわかるように生命活動を維持するのに重要な役割を担っています。
それはその他のミネラルでも言えることです。(マンガン・ヨウ素・クロム・セレンなど)

いかがでしたでしょうか。
さやいんげんには、ビタミンK・葉酸・モリブデンが豊富に含まれています。
ビタミンKは血液凝固に必要で、葉酸は皮膚や粘膜を強くし、モリブデンは二日酔い予防などに役立ちます。
旬の時期、ぜひいろいろなお料理に取り入れてみて下さい。
ありがとうございました。

created by Rinker
¥240 (2020/11/24 15:44:38時点 楽天市場調べ-詳細)

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。