光食品の有機ヒカリトマトケチャップ

有機トマトケチャップ

今回は、光食品 有機ヒカリトマトケチャップのレビュー・感想を書きたいと思います。

光食品さんは、有機JAS認定商品・有機原料を使用して、ソース類やトマト加工品をはじめ、ドレッシング・中華調味料・ジュース・サイダーなどを製造している会社です。
オーガニックの原料や添加物を使わない商品作りが注目され、グルメマンガ「美味しんぼ」にも登場したことがあるそうです。

排出するゴミの量をなるべく少なくするために、野菜くず、排水処理時の汚泥を堆肥化し、その肥料を畑に返すなど美味しくて安心・安全に加えて環境にも優しい食品づくりを行っています。

有機ヒカリトマトケチャップの商品詳細

名称    有機トマトケチャップ

原材料名  
有機トマト、糖類(有機砂糖、麦芽水飴)、有機醸造酢(米酢、リンゴ酢)、食塩、有機たまねぎ、有機にんにく、香辛料

内容量   300g

保存方法  直射日光を避けて保存して下さい。
      開栓後は必ず冷蔵庫に保管の上、できるだけ早めにご使用ください。

賞味期限  1年6ヵ月

価格    350円(税別)

 

栄養成分表示
(100g当たり)

エネルギー122kcal
たんぱく質1.8g
脂質0g
炭水化物28.7g
食塩相当量 2.8g

(推定値)

2019年7月時点

※商品の改良や規格変更などにより、サイト上の商品情報に記載されている使用原料や栄養成分・商品名・価格は上記と異なっている場合があります。
またリニューアルにより、サイト上で紹介されている商品パッケージが当記事で紹介しているものと異なっている場合があります。

原材料について

トマトケチャップには、ぶどう糖果糖液糖・酸味料・加工でんぷん・人工甘味料などが入っているものがありますが、ヒカリトマトケチャップにはこの様なものは一切入っていません。

酸味料とは

酸味料として、もしくは日持ちを良くするために使用されます。

リン酸・氷酢酸・乳酸ナトリウム・クエン酸・グルコン酸・アジピン酸など24種類の化合物があります。
24種類のうち殆どは、動物や植物に普通に含まれている物質を人工的に作ったものです。
高純度であれば問題は無いようですが、不純物の問題があります。

「酸味料」と一括表示が出来てしまうため、何の物質がいくつ使用されているのか消費者には判断することができません。

↓そのほかの添加物などについてはこちらから
添加物と気になる原材料について どんな食品に使用されている!?

有機とは

肥料は、化学肥料ではなく有機肥料が使われます。
ただ、化学肥料であっても有機肥料であっても病害虫がやってくるため、農薬を使用せざるを得ないという事情があるそうです。
そういうこともあってなのか有機JASの規格で、場合によっては31種類の農薬を使用してもよいということになっています。

という事で有機栽培(オーガニック)よりも安心安全な、自然栽培(無農薬・無肥料)の商品が理想ではあります。

熟練の腕が必要な有機栽培。
農薬を一切使用することなく野菜や果物などを育てることが出来る人もいます。
そのため消費者には、どの様な農薬や肥料をどれくらい使用しているのか、その都度メーカーや生産者に確認をしなければわかりません。

↓自然栽培について、こちらのサイトに詳しく書かれています。野菜の宅配もしているお店です。
sunsmile | 無肥料自然栽培

トマトケチャップ

イオンTOPVALU | オーガニックトマトジュース 食塩不使用

食べてみた感想

有機ヒカリトマトケチャップは、時々買わせて頂いています。

ケチャップには、海外産有機トマトと国産有機トマトを使用しており、たまねぎとにんにくは100%国産有機のものだそうです。
また醸造酢は、アルコール不使用で静置醗酵した国産有機米100%の有機純米酢と、有機りんご100%の有機純りんご酢を使用。
食塩は天日乾燥の原塩を使用しているそうです。

コーン・玉ねぎ・鶏肉をケチャップとマヨネーズで炒めて頂きました。
それぞれの素材も良く、にんにくも入っているので美味しい仕上がりになります。
チキンライスやオムライス、パスタなど色々なお料理に!

光食品さんの商品は自然栽培の原料ではありませんが、添加物を使用せず、また環境にも優しい食品づくりをしているためこれからも購入して行きたいと思います。
今後、無農薬・無肥料の自然栽培のものにも目が向けられたらとても嬉しいです。

トマトの栄養素と期待される効果 効能

ケチャップとコーン

どこで購入できるの?

光食品の有機ヒカリトマトケチャップは、高級スーパーや自然食品屋さんで販売されています。
また、amazon・楽天市場・ヤフーショップなどでも販売されています。

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。