感染症予防一覧

腸内環境を改善して免疫力をアップさせる食材 納豆・大豆編

血液サラサラ効果がある納豆。 血液をサラサラにすることは体温を上げる助けになり、体温が上がれば免疫力がアップします。 私たちの体は、体温が36.5~37℃位で最も機能が高まるようになっており、体温が1℃下がると免疫力は約30%低下すると言われています。

きのこが免疫力をアップさせる!?

腸内の免疫細胞に直接働きかけて免疫力を高めてくれるフィトケミカルのβグルカン(不溶性食物繊維)が含まれています。 βグルカンは感染症の予防や、アレルギーの予防・改善などの効果が期待でき、また白血球やリンパ球を活性化し、がん細胞の発育を抑制するとされています。

腸内環境を改善して免疫力をアップさせる食材 食物繊維編

腸内環境が整うと免疫力が高まるほか、便秘解消や美肌効果も期待できます。 反対に腸内の悪玉菌が多いと、肌荒れを引き起こしたり免疫力が低下します。 便秘や下痢、ガンなどの病気を発症する原因にも。 腸内環境の良し悪しは、便の色や硬さ・においで判断

免疫力をアップさせる5つの必須栄養素 ビタミン編

細菌やウイルスなどに対して過剰な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進する働きもあります。 また、「β-ディフェンシン」という抗菌ペプチドを皮膚上に作らせ、バリア機能を高めることもわかっています。 そのため風邪やインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防や、アレルギー症状の改善に効果が期待できま

免疫力をアップさせるミネラルの亜鉛 不足すると?どんな食べ物に入ってる?

適量の摂取で免疫細胞が活性化し免疫力を高める効果が期待できます。 亜鉛の摂取量は一般的に不足傾向にあるため、普通の食生活をしていて摂り過ぎになることはないと言われています。 成長期の子どもやストレスがかかっている時は、亜鉛の需要が高まり欠乏しやすくなります。

腸内環境を改善して免疫力をアップさせる食材 オリゴ糖編

免疫機能の60~70%は腸に集中しているため、腸内細菌のバランスを整えることは免疫力を高めることに繋がります。 腸内には大腸の働きを助ける善玉菌や、有害物質を作る悪玉菌、また善玉菌・悪玉菌の優勢な方に味方をする日和見菌(ひよりみきん)がいます。