くだもの

洋なしの栄養素と期待される効果 効能

クロロゲン酸は、糖質分解酵素の働きを阻害し、食後の血糖値が上昇するのを抑制する効果があると言われており、 また糖質分解酵素の働きを阻害することで、脂肪が体に吸収されるのを抑制する効果があるとされています。
貝類

牡蠣の栄養素 脂肪が燃焼する!?肩こり緩和にも

ビタミンB12は、傷ついた神経細胞を正常に戻し、手足のしびれや肩こりを和らげる働きがあります。 赤血球をつくるのに必要な栄養素なため、貧血を予防しますが葉酸と一緒に摂取することが大切です。 ビタミンCの再生にも関わっているセレンも含まれています。