春の野菜

春の野菜

絹さや(さやえんどう)の栄養素と期待される効果 効能

モリブデンは、肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており 尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の 構成成分として重要な役割を担っています。 また、糖質や脂質の代謝を進めてエネルギーになるのを助けます。
春の野菜

わけぎの栄養素と期待される効果 効能

血液を凝固させるにはビタミンKが必要です。 血液凝固成分により出血しても自然に止血するのです。 また、ビタミンKは骨のカルシウム石灰化にも関わり骨の形成に重要な役割を果たしています。
春の野菜

スナップえんどうの栄養素と期待される効果 効能

ビタミンCは、コラーゲンの合成促進や活性酸素の除去し多くの生理作用に役立ちます。 身体をつくるたんぱく質の1/3はコラーゲンです。 コラーゲンは、血管・筋肉・骨・皮膚などの細胞をつなぎ丈夫に保ちます。 動脈硬化を予防する葉酸も豊富に含まれています。
春の野菜

チンゲン菜の栄養素と期待される効果 効能

モリブデンは、肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており 尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の 構成成分として重要な役割を担っています。 プリン体が尿酸に分解するのを助け、それを尿に排泄する働きがあります。