栗原はるみさんのレシピ | ささみとピーマンの炒めものごま風味

栗原はるみさんのささみとピーマンの炒めものごま風味

栗原はるみのパーソナルマガジン
『栗原はるみ/haru_mi 夏 vol.28 2013 うれしい夏の日ごはん』に記載されていたささみとピーマンの炒めものごま風味を作ってみました。

ささみとピーマンの炒めものごま風味は、『ゆとりの空間』でも紹介されていますので、下記につくり方を記載しました。

作って食べてみた感想

「ささみとピーマンの炒めものごま風味」は、ささみとピーマンを細切りにして炒めるだけの簡単レシピです。

ささみは、めん棒で叩いた事で柔らかくなっていて、またゴマの風味がとても良くご飯が進む一品でした。
おつまみにも良さそうです。

レシピに「最後にすりごまを加え混ぜる」という工程がありますが、
haru_miの料理写真を観る限り、ゴマを振りかけてもいる様だったので、
私も全部混ぜずに少し余らせて、料理をお皿に盛ったあとに残りのゴマを振りかけました。
そうするのとしないのとでは、ごまの風味などが違ってくるのかどうかはわかりません。
単に、見た目の問題でそのようにしただけかもしれません。

材料には、「すりごま」とだけ書かれています。
haru_miに載っている料理写真は金ごまに見えますが、今回は元々家にあった白ごまを使いました。
金ごまでも、白ごまでも、黒ごまでも何でもいいんだと思います。お好みで!

『ゆとりの空間』では「ささみとピーマンの炒めものごま風味 4人分」のつくり方が紹介されています。
以下は、2人分の材料とつくり方です。

ささみとピーマンの炒めものごま風味 材料

(2人分)

ささみ      1本半(80g)
塩・こしょう   各少々
サラダ油     大さじ1/2
ピーマン     2個(75g)
薄口しょうゆ   大さじ1/4
すりごま     大さじ1
サラダ油     大さじ1/2

作り方

  1. ささみは筋を取り、ラップではさんでめん棒などでたたいてのばす。
    長さを半分に切ってから繊維にそって縦方向に細切りにする。
    サラダ油をよくもみ込み、塩、こしょうで下味をつける。
  2. ピーマンは縦半分に切って種を除き、5mm幅の細切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、ささみをほぐしながら軽く炒める。
  4. ピーマンを入れて手早く炒め、薄口しょうゆを加え、塩、こしょうで味を調える。
    火を止め、最後にすりごまを加え混ぜる。

引用元 『yutori no kūkan shore with 栗原はるみ

栗原はるみさんのささみとピーマンの炒めものごま風味
 

パントテン酸(ビタミンB群)

鶏のささみにはパントテン酸が豊富に含まれており、以下の様な効果や働きがあります。
※含有量は、食品の中でトップクラスです。

  • 糖質、脂質、たんぱく質の代謝
  • HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす
  • ストレス緩和
  • 美肌、美髪効果

体内に吸収されたパントテン酸は、補酵素のコエンザイムA(CoA)をつくる成分となります。
(CoAは体内に広く分布し幅広い代謝に関わっています。)

パントテン酸は、善玉コレステロールを増やす働きがあるため動脈硬化を予防し、またビタミンB6や葉酸と共に免疫力を高めるために働き、感染症を防ぐ効果があります。

ビタミンCの働きをサポートしているので、コラーゲンがつくられ健康な皮膚と髪を保つことができます。

材料 参考元 『yutori no kūkan shore with 栗原はるみ


栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2013年 07月号 [雑誌]


超希少!国産 自然栽培 煎り金ごま 80g

created by Rinker
¥350 (2022/09/26 10:39:22時点 楽天市場調べ-詳細)

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。