イオンTOPVALU | グリーンアイフリーフロムの水餃子

水餃子

今回は、イオンTOPVALU「グリーンアイフリーフロム なくす109」 水餃子のレビュー・感想を書きたいと思います。

グリーンアイフリーフロムは、気になる添加物や原材料、成分の使用に配慮した商品シリーズです。
このシリーズには、麺類や菓子類・パン・総菜・冷凍食品・洗剤・シャンプーなど多数の商品があります。

水餃子の商品詳細

名称   冷凍ぎょうざ

原材料名  
野菜[キャベツ(国産)、白菜(国産)、にんにく(国産)、しょうが(国産)]、豚肉(国産)、豚脂、粒状大豆たん白、砂糖、食塩、植物油脂(ごまを含む)、オイスターソース【かきエキス[かき、魚醤(魚介類)、水あめ、食塩、でん粉]、砂糖、デキストリン、食塩、酵母エキス】、香辛料、[小麦粉(国内製造)、水あめ、植物油脂(大豆を含む)、大豆粉、食塩]/加工でん粉

皮の率  50%

内容量  400g(15個入)

賞味期限 製造日より365日

保存方法 -18℃以下で保存してください。

価格   398円(税別)

調理上の注意 
※電子レンジ・オーブントースターでは調理できません。
※加熱しすぎると、味や食感が変わることがありますのでご注意ください。

原材料名は、商品に記載通り書いています。
一部「かっこ」が多すぎて解りにくい部分あり・・・。

●同じ生産工程で卵、乳、えび、鶏肉 を含んだ食品を扱っています。

●粒状大豆たん白(大豆)・オイスターソース(とうもろこし、ばれいしょ)・大豆粉(大豆):遺伝子組換えではありません。
 
 
 

栄養成分表示
100g当たり

エネルギー261kcal
たんぱく質6.9g
脂質12.3g
糖質29.9g
食物繊維1.3g
食塩相当量1.1g

2019年6月時点

※商品の改良や規格変更などにより、サイト上の商品情報に記載されている使用原料や栄養成分・商品名・価格は上記と異なっている場合があります。
またリニューアルにより、サイト上で紹介されている商品パッケージが当記事で紹介しているものと異なっている場合があります。

原材料について

なくす109の水餃子には、「調味料(アミノ酸)を使用していません。」と記載があります。
市販の餃子には、科学調味料のアミノ酸を使用しているものがあります。

また、以下の原材料も使われてることがあります。
粒状大豆たん白、デキストリン、加工でんぷん、たん白加水分解物、果糖ぶどう糖液糖、pH調整剤、酵母エキスなどのエキス類。

これらのうち、なくす109の水餃子に使用されているのは粒状大豆たん白・デキストリン・加工でんぷん・酵母エキスです。

粒状大豆たん白

粒状大豆たん白は、カサ増しのために様々な加工食品に使われているもので添加物ではありません。
カサ増しすることで、安く販売することができます。

遺伝子組み換えのものが使用されている場合がありますが、なくす109の水餃子に使用されているものは非遺伝子組み換えのため安心です。

遺伝子組み換え食品は、ガンやアレルギーなどを引き起こす可能性があると言われています。

デキストリン

添加物には指定されていない食品扱いの人工甘味料です。
危険度は低いようですが、人工的につくられているものなので添加物に指定するべきものだと思います。
デキストリンはかすかに甘く、粘りを与えソースやたれなどにも使われています。

加工でんぷん

添加物です。
デンプンを構成しているぶどう糖の3ヵ所に、色々な化学物質を結合させて出来ます。

加工でんぷんには、アセチル化デンプン・アセチル化リン酸架橋デンプン・ヒドロキシプロピルデンプン・リン酸化デンプン・デンプングリコール酸ナトリウムなどがあります。

これらを使用した際の食品表示は「加工でんぷん」です。
また、数種類を併用しても「加工でんぷん」という表示が認められています。

ヒドロキシプロピルデンプンは、発がん性が認められている酸化プロピレンを使用してつくられるため、この物質が残存している可能性があります。

消費者は、「加工でんぷん」の表示を見てこれらのややこしい名前の化学物質が入っているとは思いもしないでしょう。
むしろ安全なものと思っている人も多いかもしれません。

人工的につくられた化学物質は、体に蓄積されやすく排出されにくいため、あらゆる病気の引き金になり、ダイエットの妨げにもなります。
そのため、上記のどの物質も体に悪影響を及ぼす可能性があります。

化学物質が使用されているのは、もちろん加工でんぷんだけではありません。
酸味料・香料・人工甘味料・合成着色料・科学調味料・乳化剤・膨張剤などにも同じことが言えます。

酵母エキス

天然の酵母を安全な方法でエキスにしている場合はいいですが、人工的につくられた酵母で、化学物質などを加え製造している可能性があります。

↓そのほかの添加物についてはこちらから

水餃子

食べてみた感想

なくす109の水餃子は、凍ったまま沸騰したお湯に入れて約7分ゆでます。

水餃子には「もっちり、つるんとした食感」と記載があります。
その通りもっちりつるんで、割り箸で食べても滑るほどでした。
皮の割合が50%だけあってとても分厚いです。

原材料は、使用量が多い順に記載されます。
キャベツなどの野菜がはじめに書かれている割には、入っている量がとても少ない様に感じました。

餃子のあんは、ペースト状の様な感じでした。
美味しく頂きましたが、餃子のあんが多いものやお肉をしっかり感じたい人には物足りないかもしれません。

スープにしたら少しジューシーな餃子になるかなと思いましたが、分厚いもっちり皮のため醤油に付けて食べた時と特に変化はありませんでした。

なくす109の水餃子は、人工甘味料のデキストリンが不使用になり、酵母エキスがどのようなものか明確になり(または不使用)、加工でん粉がでん粉に切り替わったらまた購入してみようと思います。

身体が不自由な方や、忙しい現代人にとっては、加工食品はとても便利なものです。
小さな子どもから年配の方まで日常的に加工食品を取り入れている人も多いかもしれません。
食品メーカーは、消費者の健康を考えた食品作りをして頂きたいと思います。

水餃子

どこで購入できるの?

グリーンアイフリーフロムの商品は、以下のイオングループのスーパーで販売されています。

イオン、イオンモール、イオンスタイル、まいばすけっと、PEACOCKSTORE、Maxvalu、Maxvaluエクスプレス、ダイエー、アコレ、ザ・ビッグなど。

また、イオンネットスーパー「おうちでイオン」でも購入する事ができます。

※品揃えはお店により異なります。

↓配慮した109種類の添加物・原材料リストはこちらから確認できます。

イオンのなくす109

イオンのグリーンアイ

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。