ケルセチン

くだもの

ブルーベリーの栄養素と期待される効果 効能

ブルーベリーに含まれている栄養素は、抗酸化作用により活性酸素を消去しシミやしわの増加を防ぎ、くすみも予防してくれるビタミンEです。 また、免疫力を高めて風邪を引きにくくする効果があると言われているアントシアニンが含まれています。 また
くだもの

洋なしの栄養素と期待される効果 効能

クロロゲン酸は、糖質分解酵素の働きを阻害し、食後の血糖値が上昇するのを抑制する効果があると言われており、 また糖質分解酵素の働きを阻害することで、脂肪が体に吸収されるのを抑制する効果があるとされています。
くだもの

さくらんぼの栄養素と期待される効果 効能

ケルセチンは、脂肪分解酵素の活性化を促す働きがあるとされています。 肝臓に含まれる脂肪の燃焼・排出や消化官での脂肪吸収抑制などが期待されており、 メタボリックシンドロームを抑制する働きがあると考えられています。
春の野菜

せりの栄養素とその働き 貧血や風邪予防に

酸化ストレスに対抗するためにも必要なミネラルです。 また、糖質や脂質の代謝を助ける酵素をつくるためにも必要です。 その為、不足すると逆に糖脂質・骨・皮膚の代謝などに影響を及ぼし生殖機能も低下すると言われています。