魚類一覧

しらすの栄養素と期待される効果 効能

ビタミンB6は、神経伝達物質の合成を助け脳を正常に保つ働きがあります。 セロトニンの合成に関与しているため、精神の安定につながります。 ビタミンB6の補充により、イライラ・もの忘れ・不安などの症状が緩和できることがいくつかの研究で示されています。

ヒラメの栄養素と期待される効果 効能

ナイアシンはアルコールを分解してアセトアルデヒドという物質にし、 さらに分解して無毒な物質に変えます。 また三大栄養素からエネルギーを作るのに必要な酵素を助ける補酵素として働きます。 脳神経の働きを助け、皮膚や粘膜の健康を保つことにも欠かせません。

真鯛の栄養素と期待される効果 効能

ビタミンB6は、たんぱく質を分解してエネルギーに変え、分解したアミノ酸で筋肉・血液などをつくり また、脂質もエネルギーに変え脂質が溜まるのを防ぎます。 更に、神経伝達物質の合成を助け脳を正常に保つ働きがあります。

アジの栄養素と期待される効果 効能

ナイアシンは三大栄養素からエネルギーを作るのに必要な酵素を助ける補酵素として働きます。 脳神経の働きを助け、皮膚や粘膜の健康を保つことにも欠かせません。 筋肉をつくるビタミンB6も豊富に含まれています。 神経伝達物質の合成を助け脳を正常に保つ働きもあります。

いわしの栄養素と期待される効果 効能

ビタミンB6は、神経伝達物質の合成を助け脳を正常に保つ働きがあります。 腸内細菌がつくることもできるので欠乏症はあまり起こりません。 妊娠中や抗生物質を長期服用している場合は、不足に注意しなければなりません。

ブリの栄養素と期待される効果 効能

ビタミンDはカルシウムとリンの吸着を高め、骨の形成に役立ちます。 また、甲状腺ホルモンや副甲状腺ホルモンと協力して、血中のカルシウム濃度を安定させる働きもしています。 骨以外に筋肉・腎臓・腸管・神経・心臓などにも入り込みいろいろな調整役をします。

ニシンはビタミンの宝庫だった!

パントテン酸は、善玉コレステロールを増やす働きがあるため動脈硬化を予防し、またビタミンB6や葉酸と共に免疫力を高めるために働き、感染症を防ぐ効果があります。 更にビタミンCの働きをサポートしているので、コラーゲンがつくられ健康な皮膚と髪を保つことができます。