イオンTOPVALU | オーガニック&フェアトレードダークチョコレート

チョコレート

今回は、イオンTOPVALU「グリーンアイorganic」 ダークチョコレートのレビュー・感想を書きたいと思います。

グリーンアイorganicは、ジュースやジャム・ナッツ類・調味料・スパゲッティ・野菜などのオーガニック食品(有機食品)を展開しているシリーズです。

ダークチョコレートの商品詳細

名称   有機チョコレート

原材料名 有機カカオマス、有機砂糖、有機脱脂ココアパウダー、有機ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)

内容量  85g

保存方法 直射日光、高温多湿を避けて28℃以下で保存してください。

原産国名 ベルギー

価格   248円(税別)

●同じ生産工程で卵、小麦、オレンジ、カシューナッツ、くるみ、ごま、バナナ、りんごを含んだ食品を扱っています。
 
 

栄養成分表示
1枚(85g)当たり

エネルギー480kcal
たんぱく質8.9g
脂質35.5g
糖質25.3g
食物繊維11.6g
ナトリウム 47mg

この表示値は、目安です。

2019年6月時点

※商品の改良や規格変更などにより、サイト上の商品情報に記載されている使用原料や栄養成分・商品名・価格は上記と異なっている場合があります。
またリニューアルにより、サイト上で紹介されている商品パッケージが当記事で紹介しているものと異なっている場合があります。

原材料について

チョコレートには合成乳化剤や香料が入っているものがありますが、グリーンアイのダークチョコレートにはこの様なものは一切入っていません。

ダークチョコレートには「乳化剤(大豆由来)」が使用されていますが、天然乳化剤なので安心です。

乳化剤とは

乳化剤には、合成乳化剤と天然乳化剤があります。
天然乳化剤が使用されている場合、「乳化剤(レシチン)」「乳化剤(大豆由来)」などと表示されることが多いです。
以下、合成乳化剤についてです。

グリセリン脂肪エステル・ショ糖脂肪エステル・ステアロイル乳酸カルシウムなど合成乳化剤は、7種類あります。
グリセリン脂肪エステルだけでも9品目の化学物質があるため、実際は何十種類もの化学物質が使われていることになります。

これらの中には下痢を引き起こすものや、発がん性が疑われるもの、血管や心臓に悪影響を及ぼすトランス脂肪酸を多く含む物質があります。

また、ステアロイル乳酸カルシウムを含むエサをラットに食べさせた実験では脂肪肉芽腫(炎症の一種)ができたという報告があります。

乳化剤は乳化目的、またでんぷんやタンパク質が多い食品の品質改良に使用されたり、「消泡・色々な成分の分散を良くする」などの目的にも使用され、現在あらゆる加工食品に使用されている添加物です。

「乳化剤」と一括表示ができてしまう為、何の物質がいくつ使用されているか消費者には判断することができません。

香料とは

合成香料として認められている化学物質は、デカノールやアセトアルデヒドなどの90化合物です。
エーテル類・エステル類・脂肪族高級アルデヒドなどの18種類は、約3000化合物があります。
「現在作れない味は無い」と言われていますがこの数字を見て理解できます。

香料は、化粧品や洗剤・シャンプーなどの日用品にも使用されていますが、なかには発がん性のあるものもあります。
乳化剤と同様に一括表示ができてしまうため、何の物質がいくつ使用されているのか、消費者には判断することができません。

食品に含まれる原材料や、洗剤などに含まれている成分を気にせずに購入している人の場合、
知らない間に毒性の強い化学物質を体に取り込み続けている可能性があります。

人工的につくられた化学物質は、体に蓄積されやすく排出されにくいため注意が必要です。
脂肪に蓄積されやすいため、ダイエットの妨げにもなります。
それは乳化剤や香料だけでなく、酸味料や人工甘味料・着色料・膨張剤・科学調味料などにも言えることです。

人工甘味料ですが食品に分類されており、砂糖より安価なため使用されている様です。 でんぷんを分解させぶどう糖ができ、ぶどう糖に異性化酵素を作用させると果糖に変わります。 異性化液糖は砂糖と違い、消化に時間が掛からないため急激に血糖値を上げてしまいます。

チョコレートの効果

チョコレートには、以下の様な効果や働きがあります。

  • 血液サラサラ
  • 虫歯予防
  • アレルギー症状の緩和
  • 腸内環境を整える
  • ガン予防
  • 悪玉コレステロールの抑制
  • ダイエット(脂肪燃焼促進)
  • 高血圧予防
  • ストレスの緩和

カカオマスポリフェノールは、血液をサラサラに保つ働きがあり、動脈硬化を予防に役立ちます。
また、ピロリ菌や病原性大腸菌の増殖を抑制・虫歯予防・ストレス解消・アレルギー症状の緩和にも働きます。

チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、リラックス効果があると言われています。
※この成分は過剰に摂り過ぎると、利尿作用や興奮作用を高めてしまうことがあります。

更に、チョコレートに含まれる食物繊維により、便通を良くし腸内環境を整えます。

食べてみた感想

グリーンアイのダークチョコレートは、時々購入しています。

ダークチョコレートのカカオの含有量は80%です。
私の場合、カカオ60%以下くらいになると苦めのコーヒーやお茶と一緒に食べたくなりますが、
80%はほのかな甘みなためそのまま美味しく食べられます。

無添加でフェアトレード商品のため、これからも継続して購入していきたいと思います。

オーガニックチョコレートは香料などが入っておらず安心して食べることができ、自然な美味しさなのでどちらもおススメです。 商品はカカオ37%と80%の2種類のみの販売です。 60%などもあると消費者が好みのものを選びやすいだろうなと思いました。

フェアトレードとは

フェアトレードとは「公平・公正な貿易」という意味で、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易のしくみです。

日本では途上国で生産された日用品や食品が、安価で販売されていることがあります。
生産国では、その安さを生み出すために生産者に正当な対価が支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されるなどの事態が起こっているようです。

フェアトレード認証製品を購入することは、立場の弱い開発途上国の生産者をサポートすることに繋がります。

フェアトレード

国際フェアトレード認証ラベル

チョコレート

どこで購入できるの?

グリーンアイorganicの商品は、以下のイオングループのスーパーで販売されています。

イオン、イオンモール、イオンスタイル、まいばすけっと、PEACOCKSTORE、Maxvalu、Maxvaluエクスプレス、ダイエー、アコレ、ザ・ビッグなど。
※品揃えはお店により異なります。

グリーンアイオーガニック

イオンのグリーンアイ

定番おやつのチョコレートですが、美容や健康のために毎日食べるという人も増えているようです。 毎日食べるのであれば、せっかくなら無添加のものを選びたいと思いませんか? そこで、今回は完全無添加オーガニックチョコレートを紹介したいと思います。

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。