光食品のレトロな瓶に入った有機トマトピューレー

有機トマトピューレ

今回は、光食品 有機トマトピューレーのレビュー・感想を書きたいと思います。 

光食品さんは、有機JAS認定商品・有機原料を使用して、ソース類やトマト加工品をはじめ、ドレッシング・中華調味料・ジュース・サイダーなどを製造している会社です。
オーガニックの原料や添加物を使わない商品作りが注目され、グルメマンガ「美味しんぼ」にも登場したことがあるそうです。

排出するゴミの量をなるべく少なくするために、野菜くず、排水処理時の汚泥を堆肥化し、その肥料を畑に返すなど美味しくて安心・安全に加えて環境にも優しい食品づくりを行っています。

有機トマトピューレーの商品詳細

名称   有機トマトピューレー

原材料名 有機トマト、食塩、有機レモン果汁

内容量  320g

保存方法 直射日光を避けて常温保存

賞味期限 製造日より2年

価格   330円(税別) お店により異なります。

栄養成分表示
100g当たり

エネルギー54kcal
たんぱく質2.3g
脂質0.2g
炭水化物10.8g
食塩相当量 0.9g

リコピン  26.8mg

2019年8月時点

※商品の改良や規格変更などにより、サイト上の商品情報に記載されている使用原料や栄養成分・商品名・価格は上記と異なっている場合があります。
またリニューアルにより、サイト上で紹介されている商品パッケージが当記事で紹介しているものと異なっている場合があります。

トマトピューレ

使ってみた感想と原材料について

光食品のトマト加工品は、ケチャップやピザソース・トマトソースなどいろいろな種類がありますが、今回は有機トマトピューレーを購入しました。

使用しているトマトは、海外産有機トマトと国産有機トマト。
食塩は天日乾燥の原塩で、海外産有機レモン果汁を使用しているそうです。

始めにそのまま舐めてみました。
食塩が入っているため結構しっかりしょっぱいですが、トマトの味が濃くて美味しいです。

1瓶でミートソースとスープを作ることができました。
(我が家ではミートソース約2~3人分、スープ約4人分を作れました。)
本来は、開封後に出来るだけ早く使い切らないといけないと思いますが、最初のミートソースを作ってからスープを作るまでに2週間くらい空いてしまいました(>_<)
ですが、食塩が入っているトマトピューレだったせいか問題なく使うことができました!
冷蔵保存。

有機トマトピューレは瓶に入っているため、料理をする際少々出しにくいのが難点です。
トマトピューレの粘度も高いので、逆さにしてもすんなり出なかったり。
瓶の中に割り箸を挿入して出すこともありました。
レトロな瓶やパッケージがとても可愛いんですが、筒型にして手で蓋を開けられるような瓶だとスプーンですくえたりして使い易いんだけどと思いました。

でも、蓋の開閉には特に私は不便を感じませんでした。
保管する時どうすればいいんだろうと思いましたが、瓶に蓋をはめて手で軽くポン!とたたけば閉まります。
2回目の開封時は手で開けようとしてみましたが開きませんでした。
なので使う度に缶切りが必要です。

しかし、商品の使用上の注意のところに「開栓後は保存ができませんので一度に使い切ってください。もし使い残されたら割れない容器(満了にしない事)に移し替えてただちに冷凍し、早めにお使い下さい。」と書いてある事にこの記事を書きながら気付きました・・・。
私の保存方法はNGだったようです(>_<)

今日で使い切ってしまおうと思い、スープを作っていた時の事。
最後の少しが、容器にへばり付いて出てきません。
上部が細いので割り箸を入れても意味がないし。

そこで、水を入れて蓋で押さえて振って出すことにしました。
トマトスープの味が薄まるといけないので50㏄くらい。
ですが全然溶け出さなくて50㏄くらいをプラス。
少しは溶けだしたけどまだ全然取れきれておらず、そのまま捨てるには勿体ない感じでした。

取りあえずそれは一旦料理中の鍋に入れもう一度考えました。
スープもまだトマトの味が濃かったため、今度は水を150㏄くらい入れて振ったら、やっとキレイに中身を取り出すことが出来ました。

光食品の有機トマトピューレーを購入する方は、残り少なくなったら瓶にぬるめのお湯を入れて振って出し切ってください。
(水を使用する料理前提)
そうすればすぐに取り出すことが出来ると思います。
私は、その為にわざわざお湯を沸かすのが面倒で水を使いました(>_<)
思いのほか水ではキレイに溶け切りませんでした・・・。

商品には、一度で使い切るよう書かれていますが、ミートソースやシチューを作る場合、4人分でも中途半端に少し余ってしまう気がします。

有機トマトピューレーは美味しかったですし、リサイクルできる容器を使用しており良い商品だと思いますが、何だかいろいろ手間がかかってしまうものかもしれません(>_<)

いつも購入している人は、残り少なくなった時どの様にしているのでしょうか・・・。
気にせず破棄する人もいるのかな。
でも結構な量が容器に付着しますが。

有機栽培とは

肥料は、化学肥料ではなく有機肥料が使われます。
ただ、化学肥料であっても有機肥料であっても病害虫がやってくるため、農薬を使用せざるを得ないという事情があるそうです。
そういうこともあってなのか有機JASの規格で、場合によっては31種類の農薬を使用してもよいということになっています。

「有機」や「オーガニック」と書かれた商品を無農薬だと思って購入している人が多い様に感じますが、より安心安全と言えるのは自然栽培(無農薬・無肥料)のものです。
自然栽培の野菜や果物は、ネット通販で手に入れることができます。

熟練の腕が必要な有機栽培。
農薬を一切使用することなく野菜や果物などを育てることが出来る人もいます。
そのため消費者には、どの様な農薬や肥料をどれくらい使用しているのか、その都度メーカーや生産者に確認をしなければわかりません。

↓自然栽培について、こちらのサイトに詳しく書かれています。野菜の宅配もしているお店です。
sunsmile | 無肥料自然栽培

トマトスープ
↑白瓜と鶏肉のトマトスープ
使用した調味料は、コンソメ1個と鶏がらスープ少々。

イオンTOPVALU | オーガニックトマトジュース 食塩不使用

ミートソース
↑ミートソース

光食品の有機ヒカリトマトケチャップ

どこで購入できるの?

光食品のオーガニックスポーツドリンクは、高級スーパーや自然食品屋さんで販売されています。
また、amazon・楽天市場・ヤフーショップなどでも販売されています。

光食品 三方良しの商品開発  ~農家、消費者、環境を裏切らない~

ミニトマトの栄養素と期待される効果 効能
トマトの栄養素と期待される効果 効能

完全無添加の洋風調味料 おすすめ10選まとめ トマトソース編

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。