完全無添加・放牧牛のチーズ おすすめ8選まとめ

チーズ まとめ記事

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

 

小腹が減った時やお酒のおつまみとして、またパンに乗せたりお料理に使ったりと世界各国で親しまれている「チーズ」。
高たんぱくで、ビタミンや、カルシウムなどのミネラルが豊富なのも魅力のひとつです。

 

カルシウム

カルシウム不足が続くと、以下の様な症状などを引き起こすことがわかっています。

  • ピクピクとまぶたがけいれんする
  • 神経過敏
  • うつ
  • もの忘れが多くなる
  • 不眠
  • 疲労感
  • 免疫異常
  • 動悸
  • 手足のしびれ
  • 足がつる
  • 骨粗しょう症
  • 肩こり、腰痛
  • 変形性関節痛
  • 腫瘍
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • アレルギー

↓カルシウムの働きと欠乏する原因 その他のミネラルについて

 

チーズに使用される添加物は、乳化剤・安定剤・セルロース・カロチン色素・香料などです。

 

セルロース

植物の細胞壁を構成する成分で、食物繊維の一種です。
チーズには、粘り気を出したり、チーズ同士がくっかないようにするために使用されます。

セルロースは、海藻やさつまいもの根茎・トウモロコシの種皮から得られたものがあり、これらは安全なものとされています。

ですが、安全性が不十分な「ヒドロキシプロピルセルロース」や「ヒドロキシプロピルメチルセルロース」などの加工セルロースが使用されている場合もあります。

原材料名に「セルロース」と書かれている場合、どんな物質が使用されているのか消費者には判断することができません。

 

↓そのほかの添加物についてはこちらから

 

健康のために毎日チーズを食べているという人は多いのではないでしょうか。
せっかく毎日食べるのであれば、無添加のチーズを食べてみたいと思いませんか?

そこで今回は、放牧で暮らしている牛から取れた牛乳で作られた、無添加のチーズを紹介したいと思います。
ぜひ、お気に入りを見つけてみてください♪

 

↓ユートピアアグリカルチャー 4つの視点から考える「放牧」がもつポテンシャル

 

※商品の改良や規格変更などにより、サイト上の商品情報に記載されている使用原料や栄養成分・商品名・価格は上記と異なっている場合があります。
またリニューアルにより、サイト上で紹介されている商品パッケージが当記事で紹介しているものと異なっている場合があります。

1.しあわせチーズ工房 「幸-sachi-」JAPAN CHEESES AWARD2020グランプリ受賞

しあわせチーズ工房 「幸-sachi-」JAPAN CHEESES AWARD2020グランプリ受賞
【原材料】生乳(足寄町)、食塩

5~11月の放牧期間中のミルクで製造する長期熟成のチーズです。放牧期間中のミルクは、味と香りがとてもよく、発酵する力も強いため、チーズも素晴らしい味わいになります。青草の香り、熟成した深い旨み、ミルクの甘み、ナッツやキャラメルのような香ばしさを感じていただけます。

引用元 しあわせチーズ工房

作業をしながらお店を開けているそうなので、お店に行く際は事前に連絡が必要です
※工房内(製造室、熟成庫)の見学はできません。

 


所在地 北海道足寄郡

 

 

2.三良坂フロマージュ 自然放牧のブラウンスイスミルクで作る「フロマージュ・ド・みらさか」

三良坂フロマージュ 自然放牧のブラウンスイスミルクで作る「フロマージュ・ド・みらさか」
【原材料】生乳(自然放牧ブラウンスイスミルク)、塩

春は新芽や筍、夏は青々とした牧草、秋は栗などの木の実、冬は笹など、山の恵みで育った、私たちの体にとても優しい山羊と牛のチーズ。県北の搾りたて生乳で作る牛のチーズ。どれも大切な家畜たちの自然の“恵み”を少しだけわけてもらっています。

引用元 三良坂フロマージュ

 


所在地 広島県三次市

 

 

3.チーズ工房IKAGAWA ジャージーミルク100%の手作りチーズ

チーズ工房IKAGAWA ジャージーミルク100%の手作りチーズ
【ムチュリ 原材料】ジャージーミルク、塩

スイス・アルプスの山村でラクレットチーズと共に昔から受け継がれてきた牛飼い農家による手作りのナチュラルチーズです。ウォッシュタイプのセミハードチーズで、特殊な塩水で表面を洗いながら2ヵ月以上自然の洞窟で静かに熟成させます。味はくせがなくクリーミーな味わい。ワインにも良く合います。

引用元 チーズ工房IKAGAWA

 


所在地 千葉県いすみ市

 

 

4.玉名牧場 通年放牧ジャージー牛乳使用 クリームチーズ

玉名牧場 通年放牧ジャージー牛乳使用 クリームチーズ
【原材料】ジャージー牛乳・塩 (オーストラリア産・デボラ湖の自然塩)

自然に教えてもらったことの最たるものが、酪農です。牛はとても頭がよく、習慣づけさえすればその通りに動く生きものです。もともと、自らの力で草を食む習性を持つ牛も、つなぎ牛舎で育つとその習性を忘れてしまいます。

引用元 玉名牧場

クリームチーズの他に、カマンベールチーズ・ルミエール(玉名牧場オリジナル)・フロマージュブランがあります。

 


所在地 熊本県玉名市

 

 

5.坂根牧場 手でさいて食べるタイプのチーズ「さけっちょ」

坂根牧場 しあわせそのままぎゅっと。「さけっちょ」
【原材料】生乳、塩

坂根牧場では、牛が本来の行動要求を満たし、ストレスが少なく過ごすことができる環境づくりを進めています。

畜産動物が快適に過ごせる環境を整えている牧場に対する認証制度である『アニマルウェルフェア畜産認証』を取得し、牛が快適に健康的に過ごせる牧場づくりを目指しています。

引用元 坂根牧場

「モッツァレラチーズ」と「カチョカバロ」もあります。

 


所在地 北海道広尾郡

 

 

6.ふくふく牧場 牛飼いの手作りチーズ「カチョガバロ」

ふくふく牧場 牛飼いの手作りチーズ「カチョガバロ」
【原材料】確認中

放牧地で好奇心いっぱいに歩きまわり健康に幸せに育ったジャージー牛のミルク。
そのミルクには優しい甘みとコクがあります。
作り方のシンプルなチーズは特に材料の質が大きく影響します。
ふくふく牧場ではミルクの味を大事にしています。

引用元 ふくふく牧場

カチョガバロの他に、モッツァレラ・リコッタ・マスカルポーネ・さけるチーズなどもあります。

 


所在地 広島県庄原市

 

 

7.おさんぽジャージー三谷牧場 金のチーズ

おさんぽジャージー三谷牧場の金のチーズ
【フレッシュチーズひとくちサイズ 原材料】ジャージー牛乳、乳酸菌、塩

三谷牧場は日本では珍しいジャージー牛だけの放牧酪農牧場です。
ジャージー牛とは、茶色くて、大きな瞳の、少し小柄な牛です。乳量は少ないけれど、とっても味わい深い牛乳を出してくれます!
そんな、かわいいジャージー牛達の搾りたて牛乳の「いいところ」をぎゅっと詰め込んだ乳製品を作っています。

引用元 三谷牧場

 

 

 

8.田野畑山地酪農牛乳 白仙(山地ダブルクリーム)

田野畑山地酪農牛乳の白仙(山地ダブルクリーム)
【原材料】生乳、山地生クリーム、ピンク岩塩

四季折々の草を食べ、ストレスフリーな牛たちから搾った生乳を使用。

生乳の良さを生かす為、山地の生クリームを贅沢に使用。
あらゆる塩との組み合わせを追求し、
田野畑山地の生乳でしか出せない美味しさをチーズの中に惜しみなく閉じ込めました。

引用元 田野畑山地酪農牛乳

低水分モッツァレラチーズもあります。

 


所在地 岩手県下閉伊郡

 

新たに無添加の「チーズ」を見つけた際は追記していきます!

 

 

 

惣菜・お菓子・ジュース・パン(クリームパンなどの菓子パンや惣菜パン)・調味料など、記事にしてほしいものがある方はお問い合わせフォームよりリクエストをお願いします。
無添加の商品をまとめます!

リクエスト数により、公開までにお時間を頂く場合があります。
予めご了承くださいませ。

完全無添加の商品をネット販売されている店舗の方。
現在はまとめ記事内だけとなりますが、掲載してほしいというもの(貴店の商品)がありましたら紹介をさせて頂きたいと思いますので、お問い合わせくださいませ。

添加物のほかに、以下のものが入っているものは掲載出来かねます。
たんぱく加水分解物・粒状大豆たん白(非遺伝子組み換えのもので圧搾製法のものはOK)・ぶどう糖果糖液糖・マーガリン(トランス脂肪酸フリーで無添加の場合はOK)・ショートニング・酵母エキスなどのエキス類。

タイトルとURLをコピーしました