モロヘイヤの栄養素と期待される効果 効能

モロヘイヤの栄養素

ここからはモロヘイヤに多く含まれているミネラルについてです。

カルシウム

  • 骨や歯を作り強くする
  • 神経の興奮の抑制
  • 免疫力を高める
  • ホルモンの分泌を調整
  • 筋肉や内臓を動かす
  • 血液を凝固させる
  • pHの調節
  • 有害金属の毒性軽減

カルシウムの99%が骨と歯などの硬い組織に分布し、骨から出たり入ったり絶えず作り直されています。
残りの1%は細胞や血液中に分布しており、心臓や筋肉が正常に収縮するのを保つ働きをしています。

また、血液凝固・血管・神経活動、ホルモン分泌などにも関与しており、不足すると骨がもろくなるだけでなく、イライラや神経過敏なども出てくることがあります。
日本人は、慢性的にカルシウムが不足している状態と言われています。

ただ、サプリメントで摂り過ぎになることもあります。
摂り過ぎが続くと、頭痛・筋肉痛・腎臓結石・尿路結石などになる場合があります。
マグネシウムや鉄・亜鉛などのミネラルの吸収も阻害されるようになります。

欠乏による病気や症状

血液中のカルシウム濃度は、常に一定に保たれていなければなりません。
血液中のカルシウム濃度が低下すると、濃度を保つために骨のカルシウムが血液中に溶けだすため、骨の形成が阻害されます。

また、骨から必要以上のカルシウムが流し出されると、血管や脳などに入り込みそれが沈着することによって、さまざまな病気を引き起こします。

カルシウム不足が続くと、以下の様な症状などを引き起こすことがわかっています。

  • ピクピクとまぶたがけいれんする
  • 神経過敏
  • うつ
  • もの忘れが多くなる
  • 不眠
  • 疲労感
  • 免疫異常
  • 動悸
  • 手足のしびれ
  • 足がつる
  • 骨粗しょう症
  • 肩こり、腰痛
  • 変形性関節痛
  • 腫瘍
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • アレルギー
カルシウム不足は、脳の神経細胞の働きを低下させて、認知症の引き金にもなることがこれまでの研究で医学的にも明らかにされています。

欠乏する原因

普段カルシウムを摂っているつもりでも、以下の行動や、閉経後のホルモン変化などにより不足の状態になってしまう場合があります。

  • 多量飲酒 カルシウムが尿に排出されやすくなる。
  • 喫煙 胃腸の働きを悪くしカルシウムの吸収を妨げる。
  • 必要以上の塩分・糖質・脂質・たんぱく質の摂り過ぎ カルシウムの吸収を妨げる。
  • 加工食品などに含まれるリンの摂り過ぎ 骨のカルシウムが減少し、カルシウムの吸収を妨げる。
  • 閉経後のホルモンの変化 腸でのカルシウムの吸収低下や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDをつくる働きが弱くなる。
  • ビタミンD不足 腸や腎臓でのカルシウム吸収率低下。
  • 過度のストレス 腸でのカルシウムの吸収を妨げる。

カルシウムが機能するにはマグネシウムが必須ですが、モロヘイヤにはマグネシウムも含まれています。

  • 鉄とヘモグロビンの結合補助
  • 鉄の吸収促進
  • 酸化防止
  • 貧血予防

銅は、鉄と共に細胞呼吸やエネルギー代謝に重要な役割を担っています。
活性酸素の消去にも関与しおり、酸化した脂質が血管にたまるのを防いで健康を維持します。
また、鉄の輸送と代謝にも関わっていますので銅が無ければ貧血を予防することはできません。

銅は、摂取量が少ない時は吸収率が高く、多い時は吸収率が低くなり過剰症を防ぎます。

マンガン

  • 骨、脂質、皮膚の代謝や成長を助ける

様々な酵素をつくるのに必要なマンガン。
土壌、淡水、海水などに広く分布しています。
食品には、穀類や種実類などに多く含まれています。

マンガンは、骨に最も多く含まれ成長期には骨の発育に欠かせません。
酸化ストレスに対抗するためにも必要なミネラルです。

また、糖質や脂質の代謝を助ける酵素をつくるためにも必要です。
そのため、不足すると逆に糖脂質・骨・皮膚の代謝などに影響を及ぼし生殖機能も低下すると言われています。

モリブデン

肝臓・腎臓・副腎に多く含まれており尿酸を作る酵素や、悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を処理する酵素の構成成分として重要な役割を担っています。

  • 肝臓、腎臓で有害物質を分解
  • 糖質、脂質の代謝
  • 二日酔い予防
  • 虫歯予防
  • 鉄を利用しやすくし貧血を予防

モリブデンは、プリン体が尿酸に分解するのを助け、それを尿に排泄する働きがあります。
また、糖質や脂質の代謝を進めてエネルギーになるのを助けます。

さらに、体内に溜まった亜硫酸毒素を分解するため、虫歯の予防にも役に立つと言われています。

モリブデンは、吸収されやすく尿として速やかに排出されるので体内で過剰になることはありません。
また微量ミネラルで、必要量が少なく通常の食生活で欠乏することはないと言われています。
必要量は少ないですが、上記でわかるように生命活動を維持するのに重要な役割を担っています。
それはその他のミネラルでも言えることです。(マンガン・ヨウ素・クロム・セレンなど)

フィトケミカル(ファイトケミカル)とは

モロヘイヤには、フィトケミカルのルテイン(カロテノイドの一種)とケルセチン(ポリフェノールの一種)が含まれています。

フィトケミカルは、植物が紫外線や有害物質、害虫や外敵などから自身を守るために作り出す物質です。
野菜や果物、豆類などの植物性食品に、色素・香り・苦み・あくなどの成分として含まれています。
フィトケミカルは強い抗酸化作用があるため、老化や病気を防ぎ健康を維持するのに役立ちます。

主なフィトケミカル

  • カロテノイド(赤・黄・オレンジ色の色素成分)
  • ポリフェノール(色素、あくや苦みなどの成分)
  • イオウ化合物(にんにくなどの臭いや、大根などの辛み成分)
  • フコイダン(食物繊維の一種で海藻に含まれる)
  • βグルカン(食物繊維の一種できのこに多く含まれる)

フィトケミカルは多種類を摂ることで機能を発揮するので、色々な食品をバランスよく取ることが大切です。

ルテイン

ルテインは、目の網膜の黄斑部周辺に多く存在しています。

黄斑変性や白内障などの目の病気の原因は、加齢によりルテインが減少することで起こります。
ルテインを補給すると、網膜の酸化した部分が修復され、これらの目の病気を予防することができます。

また、抗酸化作用もあるため老化防止や生活習慣病などの予防にもなります。

※カロテノイドの一種「ゼアキサンチン」があります。
ゼアキサンチンは黄斑部の中央に多く存在しており、ルテインと同様に加齢により減少します。
このゼアキサンチンの補給も、黄斑変性や白内障などの目の病気の予防に役立ちます。

「とうもろこし」には、ルテインとゼアキサンチンの両方が豊富に含まれています。

ケルセチン

  • ダイエット効果
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 高血圧予防
  • 免疫力アップ

ケルセチンは、脂肪分解酵素の活性化を促す働きがあるとされています。
肝臓に含まれる脂肪の燃焼・排出や消化官での脂肪吸収抑制などが期待されており、メタボリックシンドロームを抑制する働きがあると考えられています。

花粉症やアトピー性皮膚炎・気管支喘息などを引き起こす物質としてヒスタミンがありますが、ケルセチンがヒスタミンの働きを抑制しアレルギーなどの症状を軽減すると考えられています。

ケルセチンはビタミンPの働きをします。
ビタミンPはビタミン様物質で、ビタミンCの機能を助ける作用があります。
高血圧を予防したり、免疫力を高めて風邪を引きにくくし、また出血性の病気の予防にも効果があると言われています。

食物繊維

モロヘイヤには、食物繊維が豊富に含まれています。

  • 正常なコレステロール値を保つ
  • 血糖値の上昇を緩やかにする
  • がん予防
  • 有害金属の排泄促進
  • 整腸作用
  • 免疫力アップ

食物繊維は、脂肪の吸収を緩やかにします。
余分な脂肪やコレステロールを包み込んで排出させたり、有害物質や発がん物質を吸着し早く体の外に追い出したり、腸の掃除などをしてくれます。

また、糖質の消化吸収がゆっくりになり、血糖値の上昇を抑えるため糖尿病の予防にもなります。
更に、消化管内で膨潤し食塊のかさを増し、胃内での滞留時間を延長させますので過食を防ぐことができます。

免疫機能の60~70%は「腸」に集中しているため、腸内環境を整えることは免疫力を高めることに繋がります。
腸の健康をつくっている善玉菌は、食物繊維の摂取によって増やすことができます。

食塊(しょっかい) 唾液と混ぜ合わせて出来た、まとまりがある塊の食物

いかがでしたでしょうか。
モロヘイヤに含まれるビタミンA・E・K・B2・葉酸と、ミネラルのカルシウムの含有量は、野菜の中でトップクラスです。(食品の中でもトップクラスです!)

また、食物繊維も豊富に含まれています。
ダイエットや美容・健康維持に、ぜひいろいろなお料理に取り入れてみて下さい。
ネバネバ好きの人は、細かくカットして納豆と混ぜたり、お浸しやサラダなどに!


農薬不使用 無添加 モロヘイヤ粉末50g×2個★三重産農薬不使用モロヘイヤ100%使用★食物繊維豊富★β-カロテン含有量:9850μg/袋 ■カルシウム含有量:750mg/袋 ■食物繊維含有量:15.3g/袋

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。