ホッキ貝の栄養素と期待される効果 効能

ホッキ貝の栄養素

1年を通して食べることができるホッキ貝ですが、美味しい時期は12月~3月頃です。
さっと茹でることで黒っぽい部分が赤くなり甘味が強くなります。

ホッキ貝は、お刺身やお寿司で食べることが多いですが、バター焼きや炊き込みご飯、グラタンやカレーライス、サラダなどいろいろなお料理に使えます。

ホッキ貝の栄養素

ビタミン
ミネラル
 ビタミンA ナトリウム
□ビタミンE カリウム
 ビタミンB1 カルシウム
 ビタミンB2□マグネシウム
□ナイアシン リン
 ビタミンB6
ビタミンB12□亜鉛
□葉酸□銅
 パントテン酸 マンガン
 ビタミンC 

その他
アミノ酸

ホッキ貝には、これらの栄養素が含まれています。
むき身2個106gあたり(1個53g)。
※1個あたり300gのホッキ貝もあります。

●マークで太字が特に多く含まれ、□マークは次に多い栄養素。
無印のものは含有量が少なめの栄養素です。

●マークと□マークの働きや効果について説明したいと思います。

↓無印の栄養素についてはこちらから

□ビタミンE

  • 抗酸化作用
  • 血行促進
  • 動脈硬化予防
  • 性ホルモンのバランスを整える
  • 免疫力アップ
  • 有害金属の毒性軽減

体内の脂肪組織、筋肉、骨髄、子宮など様々な部位の生体膜に存在しています。

ビタミンEは免疫細胞を活性化すると共に、免疫抑制物質の生成を防ぎます。

また、抗酸化作用により活性酸素を消去しシミやしわの増加を防ぎ、くすみも予防してくれます。
さらに、毛細血管を広げて血行を良くするため、血行不良による冷え性・肩こり・頭痛などの症状も和らげます。

ビタミンEは酸化しやすいですが、ビタミンCと一緒に摂ることで酸化を防ぎます。

免疫力をアップさせる5つの必須栄養素 ビタミン編

□ナイアシン(ビタミンB群 科学名ニコチン酸)

  • 二日酔い予防
  • 三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)の代謝
  • 神経の安定
  • 皮膚、粘膜の健康維持

体内でニコチンアミド(NAD)に変化し補酵素として働きます。
NADは、アルコールを分解してアセトアルデヒドという物質にし、さらに分解して無毒な物質に変えます。

また、三大栄養素からエネルギーを作るのに必要な酵素を助ける補酵素として働きます。

ナイアシンは脳神経の働きを助け、皮膚や粘膜の健康を保つことにも欠かせません。

●ビタミンB12

  • 貧血予防
  • 神経細胞を正常に戻す
  • メラトニンの生成

ビタミンB12は、葉酸と共にたんぱく質やアミノ酸の代謝で補酵素として働きます。
また、脳の神経細胞の細胞膜に入り込み修復や合成を助けます。

傷ついた神経細胞を正常に戻し、手足のしびれや肩こりを和らげる働きがあります。
赤血球をつくるのに必要な栄養素なため、貧血を予防しますが葉酸と一緒に摂取することが大切です。
ホッキ貝には葉酸も含まれています。

妊娠期や授乳期には不足しないように気を付けなければなりません。
妊娠期に不足すると、貧血やむくみを引き起こし流産の危険もあると言われています。
授乳期の不足は、貧血のほか乳児の発達障害や運動障害を引き起こす危険性があります。


↑「DELISH KITCHEN」で紹介されているホッキ貝とアスパラを使ったレシピ。アスパラガスには、葉酸が豊富に含まれているので良い組み合わせです。

※ビタミンB12は、レバーや魚介類に多く含まれているため、ベジタリアンの人は納豆や味噌などの発酵食品から摂取する必要があります。

□葉酸(ビタミンB群)

  • 貧血予防
  • 皮膚、粘膜の強化
  • 動脈硬化予防
  • 胎児の正常な発育

葉酸は、ビタミンB12と共に全身に酸素を運ぶ赤血球をつくります。
鉄を摂っていても葉酸とビタミンB12が不足すると貧血になります。

皮膚や粘膜を強くする葉酸(ビタミンB12と共に)。
皮膚や粘膜は、最初にウイルスや細菌などの外敵にさらされる器官であるため、強化することで外敵の侵入を防ぐことができ感染症やアレルギーなどを予防することができます。

※体にある粘膜は、鼻や口の中の粘膜・のどの粘膜・胃や腸の粘膜・膀胱や子宮の粘膜などといった様にたくさんの粘膜があります。

葉酸とビタミンB12の組み合わせが、動脈硬化も予防します。

シェアする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。